戦士のお世話になった方が退職へ 

戦士の社会人歴もいよいよ還暦ともなると長いものです その中でも本当に自分の事を考えてくれていた人は多くはいません 今回数年だが一緒に仕事をさせて頂いて、いつも走りすぎる自分をときには優しくときには厳しく指導頂いた方が、会社を離れる事になった 昔の行動ではこういう貴重な方の指導はあまり気にせず我が道を行く事も多かったが、この方のご指導には説得力があり、とても自分の成長にはプラスになることが多かった と自分勝手に思うところだが、別なメンバーから『この人自分で勝手に決めてどんどん進んでいくように見えるけど肝心な場面が来たら俺とかにちゃんと相談するんですよ』 と言ってもらえるようになったことは少しは成長だ つまり今まではコロナ対策は、どこかの国の首相のように自分の決断でしてしまうタイプから、多少時間をかけても専門家の意見を聞いて進めるように変わった。ということだ。 ふふふどうだい あーべーちゃん でもこれもこの方のおかげ  感謝です。 これからもこの教えを守り、現在所属する最強メンバーのチームがぐんぐんアウトプットを出し前に進めていくことが恩返しになるので頭使って進めていく 辛いこと、苦しいこと、悔しい事、腹立つことたくさんあったと思いますが新しい活躍の場でやりたいことを実現させてください 応援していますよ ★このようにちゃんと自分のことのように考えてくれる人は大切にしましょう!

続きを読む

戦士 生活しずらい日本に想う

戦士 なんとなくは理解していたが下記発表にぐさり 産経ニュースより https://www.sankei.com/premium/news/200106/prm2001060007-n1.html ----------記事----------------------------------------------------------------------------------- 4人家族で必要なのは1カ月48万円…京都総評の試算が呼んだ波紋 2020年1月12日 16:14 産経ニュース  30代の夫婦と子供2人が京都市内で「普通の」生活を送るには、月に税や社会保険料込みで約48万円が必要-。そんな試算が労働組合の京都総評(京都市)の調査で明らかになった。会員制交流サイト(SNS)上ではさまざまな意見が飛び交ったが、総評は「結婚や子供を持つハードルが高くなっている。非正規労働者にとって、家族を持つことはもはやステータスだ」と強調する。(小川恵理子) 「夫の飲み会は月1回4千円」  調査は平成30年11月から31年3月、組合員などにアンケートで生活実態や所持品をたずねた。30代から321件▽40代から481件▽50代から563件-の回答を基に、京都市内で子供を育てながら「普通の生活」を送る各世代の世帯モデルを作成。30代は月約48万円(年額約584万円)、40代は同約54万円(同約660万円)、50代だと同約70万円(同約850万円)が必要とする試算を出…

続きを読む

戦士の休息 竹内まりや

戦士は短い時間でオンとオフを切り替える そのときの切り替えが音楽だ 私は音楽はジャンルを問わず色々と聞くほうだが 不動の絶対ミュージシャンがいる 頂点は4人いるが、時々無性に聞きたいミュージシャンもいる 山下達郎や竹内まりやがそれだ なんだ夫婦じゃねーかというオチもありますが そもそも私が二十歳くらいの今から四十年も近く前に山下達郎の名曲 『クリスマスイヴ』は生まれました そのころから毎年聴こえてこない年はありませんよね ものすごいことです。 そしてJRの宣伝曲でその地位を更に高め、女優の皆さんが繰り出す名演と相まって 日本最高のメモリアルソングとなっているのではないでしょうか? https://youtu.be/zK_eX4Oe5kA さて達郎の話はさておき昨年の秋くらいからやたら私の頭の中を 竹内まりやの『駅』が流れるのです そして2番からLASTあたりの歌詞がどーっと入ってきて涙が溢れます https://youtu.be/VHKKfBzd8gk 夜中に聞くとそのまま情景が浮かんだまま枕を濡らして寝ることもありますが・・・ 皆さんのメモリアルソングはなんですか? 一生大事に聴ける曲 素晴らしいですよね 私が就職したころからずっと今でも毎日聞いている戦士の元気の源はまだまだ語り継いで行きたい 竹内まりやの『駅』はスタジオ録音バージョンももちろん良いですが、このライブ盤は ごまかしなしの真剣勝負で歌っ…

続きを読む

戦士 正月休み最後の日は自分の課題解決に乗り出す 家のネット環境を最新テクノロジーで改良

戦士にとってネットの処理速度は重要だ とても遅く感じるネット環境 よくよく調べるとWi-Fiの電波が部屋に届くのが弱いようだ 一軒目ヨドバシカメラ たくさん人がいるいる 目的のWi-Fi中継機とやらを目指し、見つけるも色々聞きたいことが・・・店員が・・・・いない しかもバッファローやIOデータやエレコムやtp-linkなどお目当てらしき商品は『在庫無し』だらけ というわけでそそくさと諦め、二軒目のビックカメラへ あるある・・・・ じーっと商品見て考えていると右後ろにさりげに待機する店員の気配が・・・ 質問しようと振り向くと満面の笑顔で待ち構えてもらっていた 「あのー、家のネットが遅くて・・・・・・・・・・・」 説明すると解決方法を2つ提示頂いた。 結果として『世界で一番売れている製品』という言葉に負けて 2万円代の大出費だったが 3部屋同時解決でどこでも快適受信なら許すことにする ということで購入したのがこれ まあるい円盤が同じものが3個入ってこの円盤同士が連携して網を作るみたい 接続も専用スマホアプリで非常にわかりやすいガイドで3台3部屋をセットアップ その効果は・・・・ 劇的にどこにいても安定受信&スピードアップした。もともとの回線はそんなに速いわけじゃないけど このスピードなら満足だ TP-Link WiFi 無線LANルーター ウイルス対策 セキュリティ 3ユニットセット 11ac メッ…

続きを読む

2019年に確立した戦士の一つのプレゼンスタイル

戦士の最近のステージでのプレゼンパターンは必ず『ゲスト共演者』がいることだ 今まで思いを込めて一方通行のプレゼンはそれなりにやってきたが お客様により共感いただくには、実践頂いている重宝人になまなましく語っていただく方が『伝わる』と考えたからである お客様がお一人で事例を語っていただくスタイルももちろん良いのですが 40〜45分程度の短いお時間で集中して共感頂くためには 『興味を持つ話題』『ドラマのようなシナリオ』『スピーカーの話術』 が必要なのです 共演者は素晴らしい実体験をお持ちですが、上記のような表現はまた別なチカラが必要となります 私はここをサポートし、共演者とドラマのシナリオ台本を協働で完成させ 話術のところはそのセリフと壇上での『助け合いサポート』でカバーしています いくらセリフが予めあると言っても多くのセリフを暗記できるとは限りません ましてや数百名の見知らぬお客様の前でステージに立つと未体験ゾーンの緊張感が襲ってくるものです これを私と二人の『掛け合い形式』にすることで会場ではなく私を見て頂く事で安心頂き 仮にセリフを忘れても私がカバーするという方法をとっています 今日は行けるなという日はあえてアドリブを仕掛けて反応を見ながら調整しています この掛け合いセッション方式は総じて評判がよく 『わかりやすい』『共演者のスピーチに涙が出ました』・・・・などと励みになる反響をたくさん頂いております…

続きを読む

戦士 新年にもう一度スティーブ・ジョブズを学び自分自身に鼓舞する

スティーブ・ジョブズ 戦士に大きな影響を与えてくれた人物である Amazonプライム会員にも関わらずなかなか普段プライム・ビデオを見る時間がなく、この正月休みに再度勉強のためにスティーブ・ジョブズのビデオを 見ることが出来た。 全く不勉強でこの映画ビデオを見たが、想像とまったく違ったが、結論としてはものすごくためになった。 3つの学びをもらった 1 イノベーションを起こすには強い信念を持ち続けること 2 製品ではなく顧客のあくなき要望の実現を目指し続けること 3 どんなに素晴らしい発想や技術力があっても経営は別な能力であること 1と2は自分の志や取り組み方にますます精進することを心に決めました 3は当社の社長のすごさ、素晴らしさを改めて認識致しました ルールや慣習に沿って仕事をするスタイルから真逆の自由闊達の会社を作り上げ 一つの製品で市場ナンバーワンの地位を築き上げ上場企業に育てた男。 幾多の困難を乗り越えてきた中山義人。 スティーブ・ジョブズとの違いは人の縁をとても大切にする男であること ここは私も多くを学ばせて頂いた 日本人の誇りと美学を持ち、チャレンジ精神あふれる当社の社長は最高だ。 社員負けるな 俺も負けないぞ スティーブ・ジョブズ(字幕版)

続きを読む

戦士の学習タイム 最高責任者いろいろ

どんだけ最高〜? 最近良く『C◯O』として略称をよく聞くので調べたけど、どんだけあんねん ・最高経営責任者(CEO) ・最高執行責任者(COO) ・最高総務責任者(CAO) ・最高財務責任者(CFO) ・最高法務責任者(CLO) ・最高会計責任者(CAO) ・最高技術責任者(CTO) ・最高情報責任者(CIO) ・最高デジタル責任者(CDO) ・最高戦略責任者(CSO) ・最高広報責任者(CMO) ・最高情報責任者(CIO) ・最高知識責任者(CKO) ・最高セキュリティ責任者(CSO) ・最高リスク管理責任者(CRO) ・最高情報セキュリティ責任者(CISO) ・最高社会的責任担当者(CSRO) ・最高コンプライアンス責任者(CCO) ・その他の最高責任者(CXO) 私もなれるとしたらもう一つの『CSO』・・・最高スィーツ専任者(笑)

続きを読む

戦士のずっと気になる会社

正月だから正直に書こう 戦士がずっと気にしている会社がある 製品やサービスがとても魂のある素敵な会社だ。 なぜならば常に時代の先を行く製品やサービスを地に足をつけて先進的なお客様とがっつり詰めて作っている(と思っている)からである その会社はドリーム・アーツ(社名かっこいいな) ホームページの記事にもこう書いてある↓ https://www.dreamarts.co.jp/solution/ ------------------------------------------------------------- この日を迎えることができたのは、本当に夢のようです。思いを形にしていただきまして、素人目線ですが、本当にすごいの一言です。 待ちに待ったサービスインの朝に、お客さまからいただいたメールの一文です 私たちドリーム・アーツが目指すのは、思わず“ワォ‼”という感嘆の声がお客さまからあがるシステム、“いいね”を遥かに越えて“心に突き刺さる”システムです。 そのためにお客さまの経営方針とトップのメッセージを噛みしめ、事業と業務を学び、現場に幾度も訪問し、さまざまな立場の本人=当事者の想いや、目指すべき仕事のイメージを感じ取ります。そして想定を越えた 「プロトタイプ=実際に動くもの」を素早く仕立て、お客さまのヒラメキを引き出し、熱い対話を重ねる。本気で“ワォ‼”を目指すからこそ、お客さまと一緒に感じ、カオスを膨らませ、ときに沈思し、熱く語り合…

続きを読む

2020年 あけましておめでとうございます

戦士のこのブログも2006年から始めてもう14年 当時はFacebookもTwitterも無く情報発信はブログが主流だった 投稿は圧倒的に今のFBやTwitterが楽だけど ブログは『自分のサイト』っていう感じでとてもする というわけで今後もときどき投稿しようと思う 2020年は特別な年である それは自分が体験したことのない『還暦』という歳になったこと 20代や30代のとき60オーバーの人たちは定年過ぎたおじいさん のイメージだったがまさか自分がその年代に達するとは・・・・ 今の今まで自分の歳なんて考えることも無かった。あのときまでは・・・ そう自分の父親が無くなったときである 76歳で無くなったとき自分の身近にいた人が急になくなる感覚。 そのときから歳に関しては足し算の法則から引き算の法則に変わった。 いままでは「ああ また一つ歳をとった」という感覚だったが おやじの76歳が一つの基準となり76歳から自分の歳を引いて あと生きられるのは何年 と考える引き算の考え方になった 76で死ぬとは決まっていないが父が76母が74で無くなり ああ寿命はこのくらいなのかなと というこで還暦を迎えるに当たりあと16年の人生と考える 死ぬまでにやりたいことは何か? iPhoneのリマインダーには『死ぬまでにやることリスト』が ずらっと並んでる 食べる事も多いが(笑) 毎年毎年チェックリストを一つ一つ塗りつぶすととても…

続きを読む

戦士のピンチ 復活しない体重

戦士はいつも体重が危険ゾーンに入るときっちりと元の体重に戻してきたが今度ばかりはどうも・・・・ 史上発の10連休 戦士はこのときばかりとウェイトコントロールに励もうと、栄養士の教えを守りつつも 食事量に気をつけ、更にはきつい腹筋もこなし順調に体重を減らしてきた。 最終日の今朝までは・・・・ 9日間非常にノーカロリー、ノー糖質の生活がついに9日間の食のストレスが溜まったのか 朝からショートケーキ4つ 昼はちゃんぽんうどんにクリームあんみつを食べてしまった(汗) おかげで二キロ落ちた体重が一瞬で元通りに(T_T) 今までこんなに落ちなかったことはないのに、ちょっとやばい 腹筋も懸命にやってきたのにスイカ腹は変わらず(;_;) うーん原因はなんだろう 考えられる連休前との違いは「歩く量」連休前は一万歩以上歩いていたが連休の平均は6千歩 これ? なら明日から体重は落ちるはずだ・・・・と甘い期待 さあ10連休も終わり明日からまたハードな仕事だが、勤務先が肉パラダイスの街「五反田Office」勤務 ランチのセーブが難しそうだ

続きを読む

戦士の正月 2019年 新年あけましておめでとうございます

皆様 あけましておめでとうございます 2019年が明けました おかげさまで昨年は大きな病に苦しむこともなく健康な一年を過ごすことができました 原動力となったのは『Mealthy』という専属の栄養士さんがついてくれて食生活のアドバイスをしてくれる アプリの存在です。栄養士の『KAWARAGI』さん本当にお世話になりました ありがとうございました 本年も引き続き健康第一に過ごしたいと思います こうしてこのブログを2007年3月に書きはじめ はや10年以上が過ぎました はじめた頃はブログ自体も普及をはじめた時期ですが今やSNSが完全に主流ですが FacebookやTwitterなどももう長いですが、やってみてやっばりブログもいいなと思います 1 個人情報の事故が少ない あまり聞いたことがありません 2 専門性の高いテーマで書ける FBはやはり日記(リアルタイム)に近い Twitterはもっと軽いつぶやき 逆に今のSNSのように洗練されていないので投稿が比べると面倒 いいねなどは無いので反応がわかりずらいのが弱点です NECのグループに入社し、勢いでPC-VANを使い、その後インターネットが登場し、初めて加入したプロバイダがBIGLOBEということもあり、続けてきました 途中でBIGLOBEさんから『おすすめブログ』に認定され書き続けました。その後このブログはビジネススキルに特化したものにしようと 大好きなパンなどの記事は別のブログに移…

続きを読む

9回裏ランナー無し 0対3 負け状態  「 代打 戦士くっきー」 続編

通常ならありえない状態からの逆転劇。 ランナー無しからの代打さよなら満塁ホームランで逆転(なぜランナー無しで満塁ホームラン?) 前回のブログの続き http://knowledger.at.webry.info/201709/article_2.html そのプレゼンは全てを変えた。 プレゼン終了後 「今日でおたたくの製品を捨てるつもりだったが考え直す。もっと早く来てくれれば良かったのに・・・・」 プレゼンは伝わった。 そして年末プロジェクトスタートのキックオフに呼ばれ、成功させるためのプロジェクトチームと次は成功させると誓い会った。 プレゼンは何をやったのか? 特別な事は何もしていない 自分のいつものセオリー通り。いやいつもよりも丁寧に準備したかな なぜ捨てると言われたのか? そこを徹底的に考えた。 その原因は以前の対応にあった。さかのぼっても原因は不明だったが、 メーカーとしてお客様の前に現れなかったらしい。 今回は逃げも隠れもしないと宣言し お客様の事を調べ上げてお客様に当社が何ができるのか?をプレゼンした  製品の細かい話ではない。 三十年前に叩き込まれた「ディールカーネギー 人を動かす」(※下記リンク)の教え通り 多くの鉄則の一つ一つを実践 そのベースは「営業は熱意である」 これがなければ相手には伝えらない。どんなハイテクでも熱意は人から人に伝わるもの 三十年間変わら…

続きを読む

あめましておめでとうございます

皆様あけましておめでとうございます いよいよ2018年が明けました 2017年も数々の出会い、体験、チャレンジがありました 2016年から2017年の新年の近いはそれぞれ ・死ぬまでにやることを確実に実行する ・『強い心で決めたことに挑み続ける』の2つでした 特に2017年は自分の感性を信じて立てた仮説にチャレンジし結果がついてきた事が喜びでした その仮説の中心はやはり「お客様」 当たり前ですがお客様の課題を解決することにブレることなく挑む そこに自社のできることや新しい技術を組合せ解決策を立証していく 更にはこの時代。自社だけでは解決できない課題が多く、優れた先人たちのお知恵や事業力をお借りして より確かな解決としていく必要性を大きく感じました。 2018年は 『課題解決のための業界を超えた協力体制の確立と解決策の伝導』 にチャレンジしより多くの方々の役に立ちたいと思います そして協力頂く方々を大切にしてお互いが成功できるように努めます 折れそうになるときも多々あるとは思いますが こんな私を支えてくれる方を大切にしながら健康に留意して 本年もチャレンジングな一年にしたいと思っております どうかよろしくお願いいたします 2017年大きな影響を受け、基本の大切さと相手を思う強い心と志について奮い立たせてくれた大門未知子先生を目指しこの業界で頑張ります 2018年 …

続きを読む

戦士 9回裏ツーアウト0対3 での代打に立つ

タイム!選手交代! 代打 くっきー ・・・最終回9回裏ツーアウトランナー無し 得点0対3で負けている  戦士は代打で送り出されたがランナー無しで1人で逆転できるはずが無い。 と、これが野球の世界だが プレゼンの世界ではこれが逆転可能である  最高にスリリングで逆転に成功すると喜びもひとしお 今日でもう捨てるといわれた我が社の製品 起死回生のプレゼンは如何に・・・・ 次回へ続く スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン日経BP社 カーマイン・ガロ Amazonアソシエイト by

続きを読む

戦士 お客様社内のビジネスモデルプレゼンをサポート開始

戦士 自分では無く、お客様部門長が社長向けに社内プレゼンするサポートを行う 戦士のお客様が社長命令でIoTを活用した事業を早急に立ち上げろという命をくだされた IoTも良くわからない ましてやそれを活用したビジネスモデルなど描いたことも無い 困ったお客様の顔を見てなんとかしてあげたいという気持ちでいっぱいになった やることはこれかなと ■お客様はIoTを活用する領域においてどうしたらその先のお客様から喜ばれそれに対価を払って頂けるのか? この議論をすることを決め、アクションすることにした この続きは次回へ 戦士のプレゼンのエッセンスはこの人がバイブル スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン日経BP社 カーマイン・ガロ Amazonアソシエイト by

続きを読む

戦士のカバン紹介 プレゼンターの愛用PCバック

戦士はモバイラーである。当然PCを入れるカバンに対する要求は過去から非常に高く今回最も高い評価をしているカバンをリピート発注した モバイラーは色々と小道具を持ち歩く事が多い。当然カバンに対する要求は収納能力や使い勝手、軽さ、防水 持ち運びやすさ(3WAY)、機能美、価格、耐久性と色々だ この戦士の要求にかなうカバンは過去に2つだけ 以前このプログでも紹介している『Hedgren』 http://knowledger.at.webry.info/200611/article_2.html そして今回のリピートする『Hugger』だ こいつは今までで1番長持ち(といっても3年だが)したカバンだ きっと吉田カバンやTUMIとかはもっと持つのかもしれないが他の要素を満たせない 戦士はもう年齢的にもカバンは軽くないと耐えられない このカバンはまず 軽い 使い勝手、容量、機能美も申し分なく今回耐久性が証明されコスパも最高だ  前より7000円⇒8000円と千円値上がりしたが為替変動等で致し方ないだろう これ通勤から軽い出張 普段使いにも戦士のオススメです これまで重い物を入れすぎた嫌いがあり傷んだのでこれからはできるだけ軽くするよう心がけ 更なる寿命延長を試みる 3wayのオシャレPCバッグ 15インチのノートパソコン対応バッグ/リュックショルダー ビジネスバッグ 防水 My Sexy Secretary /HUGGER(ハ…

続きを読む

戦士 四面楚歌からの大逆転

セミナー等で新しい考え方や技術を知らない来場者の方々に伝えたい事を伝えるのは難しい しかしながら先日のセミナーでも『体験』で話す事で伝えるスティーブ・ジョブズの教えを守り実施したところ セミナー終了後に名刺交換の行列ができた。嬉しい限りです プレゼンの基本は『起・承・転・結』 これを顧客の体験がどう変わるか?を話す事で 伝わり方が全く変わる 技術ではなく困っている何がどう変わるのか? 苦労しているこれこれがどう楽になるのか? を話す事で聞いている方の耳に入るということである もう一つは『最も重要な問いに答えよ』というスティーブ・ジョブズの教え通りに 最大関心事にスポットを当て話す事である これを忘れると1番言いたいことと聞く側が1番聞きたいことが合致せずプレゼンは失敗する 来場者は何を期待してこのセミナーに足を運んだのか? セミナータイトルは? キーワードは? この問いに答える事がプレゼンのPointであることが今回も証明された スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン日経BP社 カーマイン・ガロ Amazonアソシエイト by

続きを読む

戦士 プレゼン事前打合せにキレる プレゼン請負の落とし穴

戦士はプレゼン依頼を受け、本番に向けた下打合せに参加。しかし依頼側から罵声を浴びせられ、キレながらもオトナ対応でその場はこらえた。 重要顧客へのプレゼン それは用意周到にしたいもの しかしながら提案へのスタートから出遅れているらしく、その遅れを取り戻すのは容易では無い そんなことをいきなり聞かされ、GW前にドキュメントベースでこんなポイントでプレゼンしたい と顧客フロントの会社に依頼された すぐに社内のチームで各メンバーの特性をうまくだしてもらいながら、デモのポイントの要素を集め次回打合せの準備を行い今回の打合せに挑んだ 打合せを始め、少したつと先方の営業窓口がイライラしているのが見えた イメージが少し違うのか?自分のシナリオと合わないのか?  途中投げやりな言葉も吐き捨てていた さてなぜ打合せが噛み合わないのか? 戦士も冷静になってみると 簡単な事だった 彼らは『丸投げ』だっただけなのだ 途中の説明やすり合わせプロセスはどうでも良くそのまま顧客を納得させる『答え』が欲しかっただけなのだ こう一緒に作り上げるための相手への敬意が無い人たちと仕事するのはなんとも寂しいものである この雰囲気を察したのか、とりまとめの技術者は気を取り直して、こちらの提案の意図や引き出しについてディスカッションしてうまくその場を収めてくれた 感情をコントロールできない営業とデジタルに論理的に運ぶ技術者 あー、こうい…

続きを読む

戦士 ビジネスモデルからのプレゼン

戦士は製品メーカーにいるが製品のアピールをしない 今日は初めてのお客様だが 超有名企業である 目の前には社長 取締役クラスがずらっと並んで頂いている 戦士は最近IT活用の説明にビジネスモデルから説明することが多い 今日は愛読書の『ビジネスモデルの教科書』の31パターンの中からお客様に適合するビジネスモデル 『マクドナルド化』をピックアップしご説明する マグドナルド化はもともと高価だったものを品質をKeepしながら大量に展開することで価格を抑え、多くの人に提供できるようにするビジネスモデル 低コストであるがどこで儲けどこで差別化するか? 他社事例をここにPointを絞り説明していく。 更にどこでITを使うのか?どう使うのか?をご説明 勘と経験とEXCEL そしてメールの嵐・・・・・・ ITを活用し正確で高回転に処理を回せる仕組みを作りお客様の動きを予測できる仕組みづくりへ お客様にはツールの細かい話を話す事は一切なく、自社の適合性について考えて頂けたようである ビジネスモデルの教科書: 経営戦略を見る目と考える力を養う東洋経済新報社 今枝 昌宏 Amazonアソシエイト by

続きを読む

戦士 ビジネスモデルに踏み込む

戦士は今日の商談は大成功 お客様のビジネスモデルに踏み込みWinWinの対等な関係から提案を実施 お客様の目指す方向とそれを実現する際の課題を共有し解決策を提示 合意頂き、会社対会社のコラボに発展 内容をしっかり積めて社長宛のプレゼンすることに 社長プレゼンはドキドキものだがワクワク感もひとしお むふふ 口ベタでも人を動かす 魔法のプレゼンあさ出版 山田 進一 Amazonアソシエイト by

続きを読む

戦士 営業プレゼンは恋愛と考える

戦士は今日もプレゼンが以前とは違う感動を感じている 感動というか醍醐味だろうか? お客様向けプレゼンは相手が大勢ではなく一人や数人なので自分のプレゼンへの反応が極めてストレートだからだろう 今日もあらかじめ思い描いて考えた相手の立場に立ったWinWinのシナリオで挑み、不安で一杯だったが共感頂いた そしてお客様も喜んで頂けたようで私の思っていたお客様にとって良い流れで動いて頂けた 決して売り込まない。 難しい振る舞いだが、トップセールスマンと言われる方々は常にこれを実践している。 モノを売るのではなく相手の願いを叶えるように振る舞う。 これこそ、いい関係な振る舞いなのだろう 結果は先だがお客様とシナリオを共有しながら動いているのは納得感もあり、この上ない喜びである。 これはお客様に興味を持ち、お客様の願いを実現するお客様への愛、恋愛だと感じます アドラー流一瞬で心をひらく聴き方かんき出版 岩井 俊憲 Amazonアソシエイト by

続きを読む

戦士 勉強本 『ビジネスプロセスの教科書』

戦士の学習実践本 『ビジネスプロセスの教科書』 『企業が成功する要因・失敗する理由がここにある』 元良品計画 松井会長も推薦するこの著書にはビジネスの本質が語られている 戦士はこの本でビジネスプロセスを一生懸命勉強しています この著者である㈱エル・ティー・エス山本さんは クライアント企業からひっぱりだこのビジネスプロセス変革を引っ張る数少ないコンサルターである ビジネスプロセスに関する日本を代表するイベント『BPMフォーラム(日本ビジネスプロセスマネジメント協会主催)』での講演も毎回大好評である(もちろんintra-mart講演も大入り満員ですが・・・) この本は事業に関わる企業の課題をビジネスプロセスの視点から解決する方法や事例が書かれている これから組織変更、情報システム導入、アウトソーシング活用といったビジネスプロセス変革を行う予定のある方には特に参考になる内容が詰まっていますので一読されることをおすすめします 下記の課題に当てはまれば必見の価値あり ・経営者から次々と新たな事業やサービスの指示が下りてくるが、現場がついてこない ・社員が退職すると、その人の仕事を分かる人が他におらず、現場が混乱する ・社内でトラブルがあっても仕事の全体像を分かる人がおらず、原因究明に時間がかかる ・業務をアウトソーシングしているが、効果が出ているのか分からない ・システム開発プロジェクトがトラブルばかりで、コストがかさむ これらの症状…

続きを読む

戦士 一生忘れられない研修

戦士が一生忘れられない身についた研修が5つある 1 『当事者意識研修』武島一鶴先生・・・『問題は我にあり』『ありがとう小道』→人のせいにしない。→自分を変えることに役立った研修 2 『3KM』・・・会社 家庭 個人 の3つのカテゴリーで『やりたいこと』を明確に実践できるようにする研修 3 『ディールカーネギー研修』・・・営業のいろは 人間関係を向上させる普遍の法則 4 『ウィルソンラーニング研修』・・お客様のタイプ分けなど状況に応じた対応できるようになる研修 5 『ディズニーの顧客満足度研修』・・・顧客満足度の真髄を学んだ涙した研修 本年は感動と納得したこれらの原点に帰りこれらを再実践することで一段階段を上がろうと思う 先日若手と帰り道に2の話になり熱心に聞いてくれた。 戦士としてはこういう体験したことを後輩に伝えて行きたいと思う 次回以降でこの内容についてはお伝えしていこうと思います ディズニーを知ってディズニーを超える 顧客満足入門プレジデント社 鎌田洋 Amazonアソシエイト by

続きを読む

2017年戦士の誓い

皆様あけましておめでとうございます いよいよ2017年が明けました 2016年は社会人生活も長いのに初めて体験することも多く嬉しくも悲しくもある日々でした。 しなしながら2016年に決めた死ぬまでにやることは着実にできているので 今年も『死ぬまでにやること』は継続。 そして2017年に新たに誓う事は 『強い心で決めたことに挑み続ける』 それはきっと私の『MISSION』 折れそうになるときも多々あるとは思いますが 皆様と本年もチャレンジングな一年にしたいと思っております どうかよろしくお願いいたします 2017年 元旦 IT武装企業戦士 くっきー

続きを読む

【戦士プレゼン20点からの反省と次への教訓】

戦士は前回20点のプレゼンに終わってしまった。 失敗の原因は下記の3つだ ・準備(ヒアリング)不足 ・あえて新しいプレゼンのやり方にチャレンジした ・時間配分のまずさ 新規のお客様なのである程度はやむを得ない部分はあるが、それでも徹底的に調べてから挑むべきであった 意思決定プロセス、親会社との関係、重要検討項目、予算措置・・・・ いつもなら冴えるアドリブも今回はソリが合わずうまく行かなかった。アドリブも基礎情報があってこそだ また紹介もこの状況も想定に入れ、臨機応変にしようといつもの魔法のMacから繰り出されるタイムリーな資料ではなく最近充実してきた自社ホームページでやってみようと試みたがいまいち適切なページにバシッとジャンプできなかった。 そして時間も経ち、持ち時間をオーバー 。肝心なことも聞けないまま時間切れ持ち越しという後味悪い結果に。 これは、まさに昨年から取り組んでいるスティーブジョブスの教えを遂行できなかったと言える 今回はステーブ・ジョブズプレゼンの教科書で言うと下記がダメだめだ ◎プレゼンはアナログで準備 ◎ツイッターのようなヘッドライン ◎入念なリハーサル 次回からはきっちりやるぞ・・・と次回の同点劇へと続く・・・ ↓これが私の愛読書兼教則本 スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン日経BP社 カーマイン・ガロ Amazonアソシエイト by

続きを読む

『戦士 今日のプレゼンは20点』

戦士 プレゼン開始から時間がすぎる毎に感じる焦り・・・ だめだ、全く伝わっていない 準備はして行ったが、シナリオが合わない、資料も合わない、トークも合わない・・・・ お客様は特別ではないのだが、全く噛み合わなかった・・・・ という間に二時間の約束時間をオーバーし後味悪い結果に・・・・・ 足取り重く、帰路につきながら反省の心で一杯。 何が行けなかったのだろう・・・・ いつもと違うことは何だったんだろう・・・・・ と振り返ると3つの違いに気がついた ・・・次回へ続く・・・・

続きを読む

戦士 パンだけはまじめに書こうと単独のブログに移転しました

戦士はパン好き このブログ 仕事ありグルメありダイエットありIT使いこなしありのごちゃまぜなので パンを単独のブログに移しています 今後のパンのブログはこちら くっきーの"本当に美味しいパン屋さん"ご紹介 http://kkukita.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-a4c3.html 過去の記事も徐々に移転しています

続きを読む

戦士 一生勉強は続く

ITは常に進化し新しいものが次々としかも大量に出現する 私はいつも若手にはこう言っている 『経験がものを言う業界は多い この業界もそういう場面はもちろんある でも過去を覆す新しい仕組みがいきなり登場するこのIT業界では、それをいち早く覚えたもん勝ちだ。そこではいきなり十年選手の先輩を超えられる。だから常に新しい情報を仕入れ価値あると感じたら積極的に勉強しとけ』 と 今流行りのIoT 戦士もこの一年勉強してある程度は理解できた ただそれが現場の何に役に立つのか? 経営に役に立つのか?  という説得のための話になると現場の知識がないと絵に書いた餅でしかない 特にインダストリー4.0 スマートファクトリー という言葉に代表されるように 製造業の工場現場の知識が必要だ 最近はお客様の工場に伺うことも増え、紹介する内容も議論の内容もあきらかに変わってきた ただ日本を支える製造業の工場にはまだまだ大きな可能性も感じている 今は更に勉強あるのみ この本で一生懸命勉強しています↓ 工場管理2016年7月号[雑誌]日刊工業新聞社 2016-06-20 Amazonアソシエイト by

続きを読む

戦士 Microsoftからの突然のお手紙にがっかり

5月6日 Microsoftからメールが来た 『15GB無料のOneDriveの容量を5GBにします それ以上は有料サービスとします』 というもの 添付の画像の通り 恐縮しながら書かれているがお家事情の苦しさは隠しきれない 現在Microsoftは減収減益続き http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1604/22/news079.html 頼みのWindowsもPC市場の低迷とタブレット・スマホ市場で一定のシェアは確保しつつも伸び悩んでいる そしてそれと連動するようにプラウザのシェアで長年君臨していたIE(インターネット・エクスプローラー)が 世界シェアでついにGoogleのChromeに抜かれた 日本も時間の問題と思われます https://webrage.jp/mobile/data/pc_browser_share.html このようにMicrosoftは徐々に収益源が伸び悩んでおり結果今回のOneDriveの有料化に苦渋の決断をしたと思われます なにせ前回記事の通りAmazonがPrime会員向けに写真のStorageは容量無制限にしたので余計に苦しくなる事が想定されます (Prime会員になっている人からすれば実質無料に見えるため) ちなみにDropboxもまもなく5GBに縮小 このようにサービスそのもので収益を上げているのではなく GoogleやYahoo!の広告収入 Amazon…

続きを読む